その他(記事)

【驚愕】「障害者は汚い」 失言・暴言で大批判を食らった芸能人達

kin (1)

失言・暴言


芸能界で働く芸能人の人達は、知名度が高くなり1つの行動が沢山の人の目に止まる職業です。

良くも悪くも注目されるもの。

特に最近ではSNSが普及しており変な事を言ってしまうと瞬く間に日本中に広がってしまいます。

今回はそんな「失言や暴言」で大炎上してしまった芸能人達をご紹介します。

芸能界を追いやられた人もいれば、それでも芸能界で頑張っている人も・・・。

マリエ

震災後に「くだらね、世の中チャリティ産業かょ!?こっちはいきたくったっていけないんだよ。金だけだせばいいとおもいやがって。」

とツイートし、番組降板に・・・。

これから6500万の借金を背負う事になりますが、現在はマリエブランドが好調のようです。

長谷川豊

「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ!」

自身のブログにて公開し大炎上。

川越達也

「年収300万円、400万円の人は“お水にお金がかかるような高級店”には行ったことがないはずで、『タツヤ・カワゴエ』が初めて行く“お水にお金がかかるような高級店”だった。そんな人たちが書き込んでいるレビューは当てにならないしくだらない」

あびる優

自身の犯罪経歴を暴露し無期限の活動停止に追い込まれました

あびる優

「集団万引きを繰り返し、店を閉店に追いこんだ」と告白

杉浦太陽

乳がん検診についての発言
『ダンナが触診することじゃないですか』

同番組で、歌舞伎俳優の市川海老蔵が乳がんで闘病中の妻、麻央さんを必死で看病しているニュースを取り上げていたため、最悪のタイミングでの不謹慎な発言に主婦たちの怒りは爆発。

尾木直樹(尾木ママ)

男児置き去り事件の際にブログで発言した事が炎上

《7歳の子どもを北海道の山中に車で放置するとは! なんという虐待!?》

《こんな状況に置いた親は厳しく批判されるべきです。警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね》

とブログで発言するも、男児が見つかり手のひらを返したことにより炎上しました。

倖田來未

「35歳を過ぎると羊水が腐る」

木下優樹菜

テレビで語った学生の時の体験談

「そのままにはしておけない自分がいたから、話に出てくる友達全員呼び出して、みんなの前で暴いていくっていうか。
こいつこのときにこう言ってたとか。
そしたら、全部ウソがバレて、そいつが学校に来れなくなるっていう。(中略)全部問い詰めて、スッキリさせないと気が済まない」

完全なイジメではないか、と大炎上

河本準一(次長課長)

外部の専門家の事を言いたいのだと思うが、本当の第三者は都民である。定例会見で説明するのが筋。これでまた困った時の辞任。これは人も悪いが制度がもっと悪い。変えないと一生続く。一つのミスですぐ辞任。中途半端で辞めさせてはいけない

お前が言うな、といった内容でネットで炎上

布袋寅泰

原爆が投下された日を記念日と発言

「今日は原爆記念日ですね」

楽しんご

「とうとう憧れのブガッティを購入!!! 頑張った自分のご褒美」

愛車を身障者専用スペースに停めて撮影し、SNSに投稿し炎上

その後投稿を削除した事で、更に炎上

萩本欽一

「障害者は汚い」

24時間テレビ番組内で発言し、一時期干される

以上失言により炎上してしまった人達でした。

芸能界は華やかで憧れの的ですが、それだけ沢山の人達から見られる注目されるという事。

その為、何気ない一言、深く考えずに言った一言で

「人生が狂ってしまう」可能性もあります。

中には本当に失言もありますが、これが失言なの?というものもありましたが、

誰がどうとらえるか、というのは非常に難しいところでもありますね。