おもしろ

「記憶にない」でも安心 記憶復元ソフト開発 千葉電波大


千葉電波大学理学部の研究グループは16日、脳内に残る断片的な記憶イメージを使って忘れた記憶を復元するソフトを開発したと発表した。今後は特定の時点の出来事を簡単に思い出せる「復元ポイント」作成機能を追加し、商品化を目指す。

 記憶リカバリーソフト「メモリカバリ」は、人間の脳内イメージを読み取って映像化するAI技術を応用した。千葉電波大が経済産業省の支援の下で研究を進めてきた産学官連携プロジェクトで、ソフトウェアとして完成させたのは世界初だという。

あわせて読みたい
【枯れ木に花を…】開花促す灰、古民家で見つかる 古民家の物置から見つかった灰を、桜の枯れ木に散布したところ、数時間で開花した――。墨俣大学バイオ農業学部(岐阜県)の研究グループ...
1 2
CLOSE
CLOSE