その他(記事)

【値段は〇億越え!?】トヨタ2000GT大破、半額で和解にネットで「全然足りないのでは」の声

44
2014年にトヨタの歴史的名車トヨタ2000GTが、倒木によって大破したという衝撃的なニュースが話題となりました。もちろん倒木が車に直撃するという危険な状況は、道路整備がされていないという点で、県側にも問題がありそうですが、緊急事態ということでなかなかそういうわけにもいかないようです。

ートヨタ2000GT

TOYOTA_2000GT
こちらがトヨタの幻の名車「トヨタ2000GT」です。値段は現在1億円を超えると言われており、入手するのが非常に困難な名車。それを運転するというのもなかなかツワモノではあるのですが、それが道に倒れていた倒木に衝突するというのもなかなかレアなケースです。

事件は、8日午前9時40分ごろ、南砺市五箇山にある「菅沼合掌造り集落」の近くで、国道脇の斜面に生えていたブナの巨木が根元近くから折れ通りかかった乗用車に直撃。

この問題に対し、ドライバーは県側に損害賠償を請求したようです。

ー半額で和解

毎日新聞

@mainichi

富山県:トヨタ2000GT大破訴訟 「半額」で和解へ http://bit.ly/2tATDLQ 

富山県:トヨタ2000GT大破訴訟 「半額」で和解へ

 富山県南砺市の国道156号で2014年、走行中の希少なスポーツカー「トヨタ2000GT」が倒木の直撃を受けて大破し、けがをしたのは、県が管理を怠ったためとして、いずれも奈良県の所有者と運転手の男性2人が県を相手取り、車代や治療費など約3900万円の損害賠償を求めた訴訟は和解する見通しになった。県が約1787万円を支払う和解案が23日の2月議会で可決されれば、富山地裁で28日、成立する見込み。

mainichi.jp

毎日新聞の記事によりますと、半額で和解したとのことです。

車代や治療費など約3900万円の損害賠償を求めた訴訟は和解する見通しになった。県が約1787万円を支払う和解案が23日の2月議会で可決されれば、富山地裁で28日、成立する見込み。

ネットでは「半額では少なすぎるのではないか」「全額保証すべき」「半額とか安すぎ!」と批判を顕にしているようです。

現場での2000GTがグチャグチャに大破した様子は衝撃的でしたが

ポイントは倒木によって車が大破した場合、半額は県側に請求出来るという判決になったようです。ただし、普通の100万ほどの乗用車でも同じように半額請求できるのかは疑問ではあります。

画像掲載元:wreckedexotics / wikipedia 

CLOSE
CLOSE