その他(記事)

【お手製!】海外マックで人気の「マックジュニア(半ビックマック)」早速作ってみた!

26
海外で人気の商品はそのうち日本にもプロモーションが行われるというのが一般的ではありますが、マクドナルドにおいても同様です。逆に日本で人気となった商品も海外で発売されるなんてことはありますが、チョコポテトはどうだったのでしょう。さてそんな中こちらの商品は是非とも日本で発売されて欲しいところです。

ーマックジュニアとは何か
03
マックジュニアとは、海外で発売されているビックマック系のハンバーガーです。普通のビックマックより大きいのがグランドビックマック、そして逆に小さいものが「マックジュニア」ということです。ようは半分にしたビックマックということになりますが、日本では発売されておりません。ということで自作してみました。

04

ーベースはビックマック

ベースはビックマックにします。ここから中にある「クラブ」と呼ばれるバンズとミートを取り外せば理論上「マックジュニア」になります。
写真 2018-02-16 12 20 30

これが普通のビックマックです。
なんとも巨大で、レタスが溢れている点がボリューミーさを強調しております。

写真 2018-02-13 15 19 33
真ん中にあるバンズが「クラブ」となります。
このクラブとミートを無くします。ピクルスやレタスはそのままにします。チーズも無論そのままです。
ということでマックジュニアが完成します。

写真 2018-02-16 12 20 37

ー即席マックジュニア
写真 2018-02-16 12 21 20

見た目はほぼビックマック、もしくはベーコンレタスバーガーのベーコン抜き。と言った感じです。ただ、ビックマックソースがかかっているという点は他のバーガー類とは一線を画するところです。

このビックマックソースだけが欲しい人はたくさんいます。
ということで早速食べてみます。

写真 2018-02-16 12 21 41
いただきます。
うむ、味はほぼビックマックです。

と言うより味が変わるはずがないのですが、ボリューム感が失われたことで若干ビックマック感は無くなります。肉とバンズが1枚なくなるだけで、ここまで「食感」が変わってくるものなのか、と。
若干チーズ味が濃くなったような気も致します。

ただし味わいはほぼ同じで、ビックマックだと大きすぎるという女子供さんたちにはむしろ良いサイズではないかと思われます。

写真 2018-02-13 15 23 05
のこった、ミートとクラブは別途食べることが出来ます。
もちろんこれだけでも美味しいので、ビックマックを買うと自動的にハンバーガーを2つ買ったというお得感は生まれるわけです。

今ならクーポンで330円にまで値下げされているのでこの機会に是非とも「マックジュニア」を。

海外ではグランドビックマックが品切れで大変なことになっているようですが

日本でもマックジュニア、発売されたら品切れでしょうか。