その他(記事)

【たむけんが勧めていた!】出川組より悲惨?仮想通貨芸人が一文無しに…芸能界の”たむけん被害”

お笑い芸人・藤崎マーケットのトキ(33)が27日に自身のTwitterの中で、貯めた仮想通貨がゼロになったことを告白した。同日のつぶやきで、トキはうつ伏せに倒れている写真を掲載し、「コインチェックの仮想通貨が全て盗まれました。貯金すべてなくなりました。仕事ください」と投稿した。

「トキは仮想通貨取引所のコインチェックで、貯金の大半を注ぎ込んでいた『NEM』を一夜にして失ってしまったようです。額は不明ですが、その落ち込みようは酷く、『強いお酒を飲んだにもかかわらず昨夜は寝れなかった。朝8時寝不足のまま朝の情報番組へ。司会のハイヒール、リンゴ姉さんが何故かコインに見えた』ほどだったと言います」(週刊誌記者)

コインチェックの仮想通貨被害はトキだけではない。同じ吉本芸人の田村淳(44)も、27日放送の『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送系)の中で同コインチェックに「全部じゃないんですけど。結構入れてる」と語っている。またサバンナ・八木真澄(43)は、コインチェックで取引していた「NEM」約30万円分を失い、「周りの芸人も被害に遭ってます。若手が多い」と語っている。芸人間で多発する仮想通貨被害だが、騒動の大元には、ある男の「猛プッシュ」があったのだという。

■たむけんが仮想通貨の広告塔に?「みんなを幸せにしたい」

「芸人たちの間で仮想通貨を流行らせたのはたむらけんじ(44)です。楽屋で芸人仲間を相手に『まだやってへんの?』『(仮想通貨を買うのは)全然、簡単やから』と言いくるめて回る姿は関西の芸能界で『仮想通貨の広告塔』と揶揄されていたほど。そのブームは松本人志の元まで届き、21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で『たどっていったら、全部たむけん。あいつがもうすごい薦めているから』と言っていました」(同記者)

たむらは去年9月14日放送の関西ローカル『ビーバップハイヒール』(朝日放送)でも、今回、流出騒動になった『NEM』を勧めまくっていたという。それゆえ、一瞬で資産を失ったトキをはじめとする周囲の若手からは「たむけんのせいで資産を失った」と訴える声も噴出している。

「株の場合なら、特定の株の株価上昇を狙ってテレビで勧めまくれば、”ポジショントーク”と言われたりとか、”風説の流布”に抵触する恐れも出てきます。しかし、仮想通貨に関しては法の規制も追いついておらず、芸能人のひと言で人気に火がつく可能性が高い。もちろん、たむらに他人を騙して買わせようとする気持ちは無いでしょう。しかし、影響力の強い仲間芸人に広めることで、社会をまきこんだ宣伝を行い、結果、自分の持つ仮想通貨も価値をあげたいという打算があるのも間違いないでしょう」(同記者)

「資産10億円」とも噂される、たむらけんじだが、前出『ビーバップハイヒール』で訝しがるマンガ家の江川達也(56)から「なぜ仮想通貨を勧めるのか」と聞かれると、「みんなに幸せになってほしいから」だと強調している。しかし最近ではコインチェック社のCMに出演した出川哲朗(54)になぞって、新規参入してきた初心者の投資家を「出川組」などと称して、仮想通貨バブルの盛り上がりを報じられていた。

はたして、今後も仮想通貨は日本中をハッピーにしてくれるのか、それとも地獄へ突き落とすのか。あくまで自己責任で追求していただきたい。