その他(記事)

【斬新!?】NHK推奨!「雪が残っているときはペンギン歩きで!」ペンギンの雪移動が斬新すぎて参考にならない。

93365b05
先週は暖かかったのに今週はは超寒い!外へ出るのも億劫になりますよね。テレビでは不要不急の外出は控えるようにと警鐘を鳴らしたりしていますが、やはりどうしても外出得ざるを得ない人も多いのではないでしょうか。なれない雪やアイスバーンによる事故に気をつけるべく、TwitterではNHK生活・防災から雪で路面が覆われているときの歩き方についてツイートされていましたのでご紹介したいと思います。

NHK生活・防災

@nhk_seikatsu

【雪の路面注意が必要 歩くときは】特に危ないのが白線の上。普通の舗装と違い水が染み込まないため氷の膜ができやすいです。マンホールや側溝のカバーなど金属が使われた部分にも要注意。ペンギンのように歩幅を小さくして歩いてください。

「ゆっくりと歩く、ペンギンのようにちょこちょこと歩幅を狭くして歩く。あとは手袋をして手が空くようにする、そういうことも大事」と、防災科学技術研究所雪氷防災研究センターの上石勲センター長は話しています。

そこで、雪の上を怪我をしないように歩くため、雪の上をペンギンが歩く動画のツイートに注目が集まっています。

たられば@tarareba722

NHK生活・防災さんが「雪道はペンギンのように歩きましょう」と呼びかけていますが、ここで野生を忘れた幸せなペンギンの皆さまの歩きっぷりを見てみましょう。

みるく@ten_799

テレビ「雪道を歩くときはペンギンのように」
ぼく

なるほど。
転ばないように歩くためには、ペンギンの真似をすれば良いんですね!

雪の上を移動するペンギンの真似を、既に習得している男性も登場!
これで雪道を転ぶことはありませんね!

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る
斉田季実治@tenki_saita

雪道の歩きの修練のため、ペンギンになってみた正月休み。

と言う冗談はさておき、ペンギンのようにというのは比喩ですので、雪の上を歩くときは歩幅を小さくしてゆっくりと、足の裏全体で踏みしめるように歩き転ばないように注意を心がけてくださいね。

Twitterで画像を見る

Twitterで画像を見る
NHK生活・防災

@nhk_seikatsu

【通勤通学 ペンギン歩きで転倒防いで】雪が残っているとき、転ばないための歩き方の手本となるのがペンギンです。ゆっくりとペンギンのようにちょこちょこと歩幅を狭くして歩いてください。ポケットには手を入れず、両手が空くようにするのも大切です。

NHKと言えば公式ツイッターで「ンゴ。」と

なんJツイートで話題となりましたが、最近妙にゆるくなってきましたね。

画像掲載元 ぱくたそ

CLOSE
CLOSE