その他(記事)

【明日から実践!】目覚ましアラームは小さい音量でセット!? 朝スッキリ目覚められる「ゴールデンタイム」と究極の目覚まし方法

朝、目覚ましが鳴ってもなかなか起きられず、ついつい寝坊してしまったという経験はありませんか? 気持ちいい朝を迎えるために知っておきたい睡眠のサイクルや、目覚ましひとつで起きるための究極の目覚まし方法をご紹介します。

スッキリ目覚められる“ゴールデンタイム”とは

news18012122_01.jpg

12月13日放送の『ガッテン!』(NHK)では、朝スッキリ起きられる究極の目覚まし方法を特集。レム睡眠やノンレム睡眠といった睡眠サイクルの研究結果から、快適に目覚められるタイミングを解き明かしていきました。脳が起きている状態のレム睡眠は90分間隔で起きると言われていますが、実際に検証してみるとその間隔は人によってバラバラ。さらに同じ人でも日によってサイクルは変わり、90分間隔で気持ちよく目覚められるという方法は都市伝説であることが分かりました。

さらに意外な真実として明かされたのは、レム睡眠は「浅い眠り」ではないということ。睡眠中音に反応できるかという実験でも、ノンレム睡眠中の反応は10%、レム睡眠中の反応はたった6%という驚きの結果が出ています。レム睡眠中に脳は活発に働いているのですが、外の情報は遮断されアラームの音にも気づきにくいのだそうです。

最近注目を集めている目覚ましアプリの多くには、睡眠中に体の動きや音を感知してアラームを鳴らす画期的な機能が備わっています。睡眠中に体が動く反応は「体動」と呼ばれ、体動はレム睡眠でもノンレム睡眠でもないサイクルで頻繁に発生。実際にアプリを使っている人からは、「アプリを使い始めてから寝坊が無くなった」「毎日スッキリ起きられる気がする」といった声が上がっています。番組ではこの状態を「ゴールデンタイム」と呼び、最も気分よく目覚められるタイミングだと紹介しました。

小さいアラームで快適な目覚め

news18012122_02.jpg

体動を感知するアプリを使わなくても、ゴールデンタイム中に目覚められる方法があります。アラーム音量を調節できる目覚まし時計を使って、耳を澄ませば聞こえる程度の小さい音量でアラームをセットするだけ。音量調整ができない場合はスピーカーをふさいだり布でくるんで音を調節するといいでしょう。アラームをセットする時間は起きたい時間の20分前を目安にし、寝坊を避けるためにしっかり目覚められる大音量のアラームも用意しておきましょう。

気持ちよく目覚めるためには、アラームだけでなく寝る前後の心がけも大切。睡眠時間は最低でも6時間は確保し、目が覚めたら朝の光を浴びて充分な朝食を食べることも忘れずに。規則正しい生活を心がけ、1日の始まりを爽やかに迎えたいですね。

CLOSE
CLOSE