その他(記事)

【やはりヤバい!】エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている

7cf0c735-s
エネルギードリンクはもはや仕事では欠かせないアイテムとなっております。疲れた体にシャキッ!とするあの爽快感は、もはやこの世から無くなったら生きていけないんじゃないかというぐらい、ポーション並に必須アイテム化している回復剤ではありますが、実はこれかなりの副作用があるのだということです。

ーエナジードリンクの副作用

energy_drink

さて最近のカナダの研究では、エナジードリンクにおける副作用が発表されております。それによると若者は以下のような副作用を感じているということです。

・心拍数が上がる
・不眠症を起こす
・頭痛を起こす
・下痢を起こす
などなど、確かにエネルギードリンクを飲めば一気に目が覚めて不眠になるのかもしれませんが、そこまで悪化するのであればむしろ飲まないほうがいいのかもしれません。

ちなみにこれらデータは12歳~24歳の若者を対象として計測され、心拍数が上がったと感じたのは24.7%、不眠症は24.1%、頭痛は18.3%、下痢は5.1%だということで、半数以上が何らかの副作用を経験してます。

ー英国「ウェイトローズ」では子供に販売禁止

さて、英国のスーパー「ウェイトローズ」では昨今のエネルギードリンクの問題を受け子供には販売禁止という動きが出ております。これはアルコールと同じく、子供には悪影響だと判断したようですが、この動きが世界中で広がれば、子供はエネルギードリンクを買うことが出来ません。

デトロイトのミシガン児童病院・小児心臓病専門医のスティーブン・リプスツルツ教授いわく、10歳の子供が80mgのカフェインを摂取した所カフェイン中毒を起こしたということです。

ちなみに、日本で販売されているレッドブル1缶には80mg のカフェインが含まれているそうです。

※レッドブルより

ただし、子供だけでなく大人も中毒を起こし

とんでもない廃人になってしまった人も居ます。

何事にも摂取しすぎは要注意ですね。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/health/article-5270827/Young-people-experience-effects-energy-drinks.html