その他(記事)

【うわぁ…】「埋没毛」をひたすら救出&抜くアカウントが話題に!


インスタ映えというのは、何も「美しい風景」「美しい食べ物」だけではなく、ある人が見てそれを「素晴らしい」と感じればそれはインスタ映えなのかもしれません。もちろん、ターゲットが特定の人になってしまうことで、多少そうは思わないという人もいるでしょうけど。と言うことで今回はこちらのインスタ映えです。

ー埋没毛とは

15
埋没毛とは、皮膚の中に埋もれた伸びる前の「産毛」のことです。これを放置しておいても何ら問題はないものの、炎症を起こす可能性も秘めているので、それを救出したい!そして抜きたいという人もいるようです。そればかりか、むしろ埋没毛を探し出し、救出し抜くという快感を味わいたいという「埋没毛ニスト」もいるようで、自分の埋没毛がなくなり「埋没毛ロス」になった人は、他の人の埋没毛を探すという新たな取組も始まっており、ネット上ではにわかに「埋没毛救出狩り」が始まっております。

そんな中、こちらのインスタアカウントはそんな「埋没毛ニスト」にとって格好のアカウントです。中身は単純、埋没毛をひたすら抜いていくというシンプルなものです。

基本的なルーティーンはこのような感じです。
まずは目星の埋没毛を探します。

36
このように「くるくる」っとなって救出難易度が高いものは「いいね」が高い傾向に有ります。
これを毛抜きで

36
サクッ!とひっぱり

40
スルッ!と手際よくやるのがポイントです。
ダラダラとなかなか救出できないのはむしろ見ていてストレスが溜まってしまいます。

ポイントは、この時点では抜かない。
あくまで救出するだけです。

そしてその後もちろん抜くわけですが、これを抜くかどうかは賛否が別れます。
救出した時点である意味達成感を味わっているのに、抜いてしまうことである意味「美学」が失われると考えられております。

また抜くことに失敗し、再び「埋没」してしまうと今度は抜けなかったというストレスが非常に高まります。皮膚の奥に沈んだ毛はあたかも「助けてくれたんじゃなかったのか」と拗ねているかのようです。

鼻の頭のニュルを取り出す映像もなかなか不気味ですが

人間は不気味と快感をある意味隣り合わせで生活しているのかもしれませんね。

画像掲載元:Instagram / @tweezist

CLOSE
CLOSE