その他(記事)

【意外とリーズナブル?】宇宙の「塵」になれるサービスが開始される!ただし!

32

人生は80年、長くても100年という短い時間となっております。宇宙の歴史からしてみれば、100年なんてほんの一瞬であり、その一瞬のために切磋琢磨している我々は何のためにそれをしているのだろう?と時々疑問におもうこともあるわけですが、人生の最後ぐらいは美しく散りたいものです。と言うことでこのようなサービスがあるようです。

ー宇宙に灰を持っていく

35
こちらは今話題となっているサービスでして「アセンション・フライト(Ascension Scattering Services)」と言うもののようです。具体的に何をするのかといいますと、成層圏まで亡くなった方の灰を持っていき、そこで散布するという何とも衝撃的なサービスです。ようは宇宙から灰を撒くということになるわけですが、一歩間違えれば放棄しているようにしかみえないので、これを「葬儀」とするのか「捨てる」と捉えるのかはそれぞれの「価値観」によるものではないでしょうか。

このプロジェクトはシェフィールド大学の学生2人によって開始され、1回散布するための費用はおよそ11万円と、結構リーズナブルです。日本の葬儀はその10倍近くするので、それを考えると安いのかもしれませんね。
ただし、これをやりたい人は既に灰になっていないといけません。敷居高いですね。

ー日本にも同様のサービスが有ります。

実はこれ、日本でも似たようなサービスで「宇宙葬」というサービスとして既に存在します。
こちらは、月に飛ばしたり、宇宙の彼方に飛ばしたりするものですが、スケールが大きいので金額も30万~と結構高額なものもあります。

宇宙の彼方に飛ばされた場合一生、魂は宇宙空間を彷徨うのでしょうか。
考えただけでもゾッとします。

画像掲載元:Sent Into Space

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4953738/Families-scatter-loved-ones-ashes-stratosphere.html