その他(記事)

【なんて読むの…】これは読めない!「灣」!そしてまだある超激ムズな漢字が話題に!

bonbou
中国に驚くほど難しい漢字「ビィアン」という文字があると話題となっているわけですが、ある意味話題になりすぎて逆に「知っている」ということが多くなってしまった気も致します。従って実は難しい漢字はそれよりもあまり知られていない「隠れ難しい漢字」なるものがあるはずです。と言うことでこちらを読んでみてください。


ーこれはなんと読む?

wan
さてこちらですが、とりあえず見たことがない方が多いのではないでしょうか。うーむ、確かになんて書いてあるのかイマイチ分かりませんが、さんずいに湾の下があるのでそれっぽい「ワン」的な読み方かな?と想像できますが実際はどのように読むのでしょうか。

実は、そのまさかの「ワン」だったのです。実は「湾」の旧字で「灣」だそうです。ただでさえ難しい湾が、旧字では更に難しくなるという。昔の人は大変ですね。そして今の湾にした方、誰だか存じ上げませんが感謝です。欲を言えばもう少し簡単でもよかった。

しかし世の中にはまだまだ難しい漢字があります。

ー108画の漢字
bonbou
さてこちらはビィアンに匹敵するほど凄い漢字。何やら小さい漢字が集まって一つの集合体になっておりますが、これで一つの漢字として読むようです。とはいえ、実際に使われているのか、それともただの「創作漢字」なのかは分かりませんが、読みは画数にヒントが有ります。

画数は108。
108でピンと来た方が多いかと思いますが、どうやらこれ「ぼんのう」と読むようです。

ちなみにこのぼんのうの漢字を書くと、煩悩が取り去られるという言い伝えがあるそうですが、真相は不明です。

そう考えると「ビィアン」の難しさは実用化されている中でトップクラスでしょう。

なにはともあれ、これが実用化されていなくて本当によっかったですね。