未分類

【これぞ親のお手本】アメリカのある父親の「叱る事と指導」に対する行動が素晴らしい!!

ある少年がしてしまった大失敗!


米ミネソタ州ミネアポリスに住むカリーン・マリーさん。彼女が大手スーパーのカフェに居たとき、6歳ぐらいの息子を連れた父親が入ってきました。

少年がスラッシーというフルーツシャーベットを落としてしまったのです。

このようなとき、育ち盛りのヤンチャな子供を育てる親御さんにしてみたら

「どうしたの!」とか「だめじゃない!」等、怒っているケースがほとんどだと思います。

しかし、「叱りつけることと指導は違うのではないか?」と感じさせてくれるような父親がいました。

その時の事を彼女がfacebookで投稿し、話題になりましたのでご紹介します。

ある女性の投稿


親は店を汚して迷惑をかけたことを店員に詫び、粗相をした子供を叱りつけるパターンが多いいが、この少年の父親は息子を叱らずに「こういった失敗も起こる。パパが掃除の仕方を教えてあげるよ」と言い、二人で掃除を始めました!

続けて父親は、
「これからの人生は長い。
お前は賢いんだから、もっと自分の行動に注意を払ってこういった失敗に気を付けるんだぞ。
それでもミスは起こるものだが、それでもいい。
だが、自分の失敗は自分で責任を取らなくちゃダメだ」

と、息子に説得していました。

そして親子は掃除を終え、さらに父親は息子に
「こんな時、どうしていいか分からないかもしれない。
もし自分で処理できないと思ったら、人に助けを求めてもいいんだよ。
人に助けを借りることは全然問題ないんだから」
といい聞かせていました。

失態を犯した息子に対する父親の対応を目の当たりにして、カリーンさんはすっかり感心してしまったようです。

それは彼女の投稿を読んだネットユーザーも同感で、

「なんて素晴らしいお父さんなんだ!」といったコメントが増え続け、

現在「いいね」の数は10万件近くに達しています。

普通の父親ではなかなか難しいですが、この父親のように

「叱る事と指導」を実体験で通して育てているということが大変素晴らしい。

是非見習いたい、真似したい言葉です!

CLOSE
CLOSE