その他(記事)

【煩わしい!】こんなニュースは嫌だ!SNSに飛び込んでくるニュースあるある

02
ネットに飛び込んでくるニュース、様々なものが有りますが最近では「SNS」を中心としたニュースが話題となっております。例えばFacebookではタイムラインに突如流れてくるタイムラインのニュースはどれも目を引くものが有りますが、いかんせん興味があってもその目的のニュースにたどり着くのが難しい!そんなものがやたら多く散見されます。

ーこんなニュースは嫌だ

ということで、せっかく興味のあるニュースを押してみてもなかなか目的にたどり着かないという一昔前の、怪しげなサイト風になってしまっております。 そんな「Facebookニュースあるある」をまとめてみましたのでご参考に下さい。

1.煽りタイトルでやたら釣ってくる
03
煽りタイトル+物凄い閲覧数!というパッケージで我々の興味をひきつけてきます。特に今話題の著名人などが取り沙汰されやすいようです。

2.かわいいペット動画でも釣ってきます。
02
芸能人に興味がないから安心!
しかし残念!可愛いペットの動画で目的のページへ誘導します。「いいね!」もやたら多いのも特徴。

3.いざ見てみると巨大なバナー広告

04
いざ見てみると巨大な広告が「ドーン!」と出てきます。とりあえず色々とスクロールしたり閉じるボタンを探してみたりはしますが、そのうち俺は何を見たかったのだろうか・・・という心境になってきます。

4.閉じる「×」ボタンが小さすぎる
01
閉じるボタンの「×」がとにかく小さい!かなりの確率で「誤タッチ」で広告を押してしまいます!

5.なかなか本命の記事が出てこない

05
自分が見たかった情報に辿り着く前に「広告」「関係ない画像」「文章」の嵐でなかなか見たかったものが出てこない!ただし、よーく見てみると「次へ」のボタンがあります。それを押せば確かに観ることが出来るのですが・・・それを見つけるのが至難の業。

おまけにデカイ広告バナーと「次へ」が綺麗にサンドイッチされて、一歩間違えれば「誤タッチ」で広告をおしてしまいがちです。

最終的に目的の情報へ辿り着いたとしても、あまり有益な情報でなかったりするわけで、結局何のためにニュース記事を見たのかよくわからなくなってくるなんてこともあります。

広告を誤タッチさせるために、誘導する巧みなFacebookのニュース。
流れてくるタイムラインのニュース記事には十分注意を払うべきなのかもしれません。

CLOSE
CLOSE