ハイレゾ音源技術や強力手ブレ補正を搭載「Xperia Z3」速攻フォトレビュー

NTTドコモが2014年9月30日(火)に開催している「NTTドコモ2014-2015冬春モデル新商品・新サービス発表会」で、ソニーモバイルのXperia Zシリーズの最新端末となる「Xperia Z3」を発表しました。Z2と同程度のスペックを保ちながら軽量化を実現し、さらにソニー独自のハイレゾ音源技術「DSEE HX」や、電子式手ブレ補正技術「インテリジェントアクティブモード」による強力な手ブレ補正機能が搭載されています。

docomo Xperia(TM) Z3 SO-01G | 製品 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/so01g/index.html

Xperia Z3の展示ブースに到着。

Xperia Z3を発見。

カラーはカッパー・ブラック・ホワイト・シルバーグリーンの4色です。シルバーグリーンは今までになかった珍しいカラー。

手に持ってみたところ。ディスプレイサイズはXperia Z2と同じ5.2インチですが、重量はわずかに軽くなって152gとなっています。スペックはZ2とほぼ同じで、高機能ながら防水・防塵のスリムデザインを実現。

フロントカメラはディスプレイ上部。

ディスプレイ下部はスピーカーになっています。

裏面

裏面上部には4K動画が撮影できる2070万画素のカメラがあり、docomoのキャリアロゴも入っています。ガラスパネルのため指紋が目立つのは仕方ないところ。

端末上部にはイヤホンジャック。

端末下部には特に何もなし。

右側はカメラ起動ボタン・ボリューム調節ボタン・電源ボタン・microSDカードスロット。

MicroUSBポート・SIMカードスロット・充電器用の充電端子は左側にあります。

Xperia Z3のこれまでにない特長の1つである強力手ブレ補正機能である電子式手ブレ補正技術「インテリジェントアクティブモード」のデモ機。ブルブルと上下左右に動いても撮影可能というわけです。

係の人に激しく手を動かしながら動画を撮影してもらいましたが、撮影後の動画はそれほどブレていませんでした。スポーツをしながらでも、まともに見ることができるムービー撮影ができそうです。

もう1つの特長はソニーの独自技術「DSEE HX」を搭載。

Xperia Z3に曲を取り込む際に、普段聞いている圧縮音源をハイレゾ相当の情報量をもつ高解像度音源で、手軽に高音質を楽しむことができます。

別売りのハイレゾ対応ヘッドホンやスピーカーを使用すれば、まるで「アーティストの息づかい」を聴いているような、CD以上の音質を持つハイレゾ音源が再生可能。

また、2014年11月より提供予定のアプリを使えば、PS4をリモートでプレイすることができるとのことで、デモブースも用意されていました。

なお、「Xperia Z3 SO-01G」は、2014年9月30日(火)の正午から事前受付を開始する予定です。

おすすめアプリ atapp.jp