【今年の運勢は!】2018年の恋愛運:星占いでランキング モテモテなのはあの星座!

2018年の恋愛運は、どんな流れになるでしょうか。天に輝く惑星の運行をホロスコープに映して、読み解いていきましょう。この先の運勢をランキング形式でお届けします。(占い/章月綾乃)

◇1位/かに座(6月22日~7月22日生まれ)

さながら眠れる森の美女の物語です。長すぎたうたた寝から覚めたら、周囲はお祭り騒ぎの祝福ムードで婚礼まで一直線という感じ。もう来ないかもしれないと半分諦めかけていた“王子様”がやってきても、どこか他人事(ひとごと)のように感じてしまうでしょう。それはあなたが、愛されるよりも愛したい気分になっているから。先に告白されてしまうと、なんだかつまらないのです。でも“王子様”とは相性抜群で将来性もバッチリ。決めてしまいましょう! 片思い中の人は、どんな相手も振り向かせられる強運期に突入しそう。スポーツや参加型イベントの後に交際を申し込むとトントン拍子に進むでしょう。旅先にも運命的な出会いが!

ラッキーポイント……ラウンジ、夕暮れ時の告白、離れの宿、記念日デート

◇2位/いて座(11月23日~12月21日生まれ)

愛は陶酔の極みへ。すべてを忘れて求め合う、そんな特別な体験をしそうです。世間の基準やルールからは、はみ出す可能性が高いのですが、深いレベルでの共鳴、共感、一体感があり、この先のあなたを一生支えてくれる時間となるでしょう。無理に先へ続けようとせず、今一緒にいられる幸せを存分に味わって! 仮に関係が途中で終わりを迎えても、物語にはまだ続きがあるでしょう。気持ちを断ち切るのではなく、そっとフタをして次へ進む、そんな姿勢が未来につながっていきます。また熱い思いに応えるのもよい時。好意や感謝が愛に変わる可能性は高めです。告白をするならバレンタイン前に。身勝手な異性とは不思議に相性がよいはず。

ラッキーポイント……夜のデート、耳打ち、念押し、密会ムード

◇3位/おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

スイートでロマンチックな恋を体験できそう。まるでドラマのように大事にされている実感、特別感に包まれるでしょう。結婚に結びつく可能性も高いので、恋を最優先して二人の人生を一つにまとめてしまうこと。片思いの人はバレンタインや彼の誕生日など、節目の告白や誘いで進展します。贈るならペアのグッズを。フリーの人は条件を絞って。その代わり、こだわっていきましょう。「多趣味で、いろいろ教えてくれる人」など、具体性を持たせて人に紹介を頼むとピンポイントでヒットするはず。お祝い事の席にも出会いが待っています。友達の結婚披露宴、祝賀会の装いは自分の未来のための投資と考えて。狙うなら金融関係の異性。

ラッキーポイント……ペアグッズ、ソファ席、婚約、手紙

◇4位/てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

ラブハプニングがてんこ盛り! 知り合って間もない相手と深い関係になったり、終わったはずの恋が再燃したり、新旧のご縁が入り混じって、誰が好きなのか分からなくなりそう。でも合わない相手は無意識に遠ざかっていきますから深く考えなくても大丈夫! 気づいたら付き合っていた、結婚が決まっていたなど、自然な流れで恋が成就するでしょう。カップルも一緒にいる時間が増えて蜜月時代に。週末のお泊りや同居など、生活をシェアすることで、さらに縁が深まりそう。片思い中の人はおいしいものが縁をつなぐ口実に。バレンタインのチョコレートや差し入れのセレクトに気を配ってみて。出会いは春、花見の席に!

ラッキーポイント……午後の誘い、草食系男子、美食デート、日帰りの旅

◇5位/さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

運命的な恋に落ちそう。出会った瞬間にはピンときませんが、繰り返し偶然が重なって念押しされ、まるで観念するかのように縁の深さに気づくでしょう。これまで誰にも話したことがない夢や理想、わだかまりや心の傷など、ディープな部分を分かってもらえるはず。つながりを実感するのは一線を越えた後。相性の良さに恋愛観が変わるかもしれません。進行中の恋は山あり谷あり。意味ありげな発言にときめいたり、悪いウワサに翻弄(ほんろう)されたり、ドラマチックに展開しそう。気持ちを伝えるなら、成り行きで二人きりになれた時に。ペアの人は年貢の納め時。新生活スタートには、よい気運です。すべてを捨ててついていくのもアリ!

ラッキーポイント……スポーツデート、よく人のウワサになる異性、逆プロポーズ、立ち飲みの店

◇6位/おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

モテ期に突入中。出会いや誘いが多く、選ぶ立場に回れるでしょう。ただチャンスが多い割には決め手には欠け、一人に絞れないまま自然消滅してしまう可能性も。ワクワク、ドキドキする相手よりも一緒にいるだけでホッとできる人を選ぶのが正解です。身近な同僚、かつての同級生、家族の知り合いなど、身近な異性が本命候補に。5~6月の紹介、合コンに良質な出会いも。カップルは共通の目標や夢が心を結びつけます。彼のやりたいことを応援してみるのもいい考え。結婚は形にとらわれずに。婚姻届を提出するだけ、別居で様子を見るなど二人の都合を優先して。片思いの人は変なところで遠慮しそう。少々、強引に迫ったほうがうまくいくはず。

ラッキーポイント……展望レストラン、未来の約束、海外旅行、長文メール

◇7位/おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

思い切りがよくなり本能が全開になって大胆な関係に進みそう。出会ったその日に一線を越える、人に言えない恋をするなど“別人格”のあなたが生まれるかも。衝動的に突き動かされるためコントロールが利きにくいのですが、安定した幸せを守りたいなら、その関係は秘密にするのが正解です。安定を壊したり、カミングアウトしたりするのは、来年まで交際が続いてから考えればよいこと。当面はこっそりと密やかな楽しみを満喫して。恋の接近、告白は友人の力を借りるとスムーズです。出会いは共通の趣味がカギに。復活愛は進展が早そう。カップルは多忙を理由に空白を作らないこと。忙しい時にこそ会いに行って。結婚はクラシカルなスタイルで。

ラッキーポイント……スキンシップ、深夜デート、寡黙な異性、豪雨の日の訪問

◇8位/うお座(2月19日~3月20日生まれ)

放置プレーが心配。連絡するつもりが忙しくて忘れてしまった、楽しみにしていたデートをドタキャンすることになったなど、愛や誠意、場合によっては人間性を疑われてしまうような展開が起こりそう。安請け合いや無理をしないのが一番ですが、それ以上に大事なのは理解と包容力のある異性を見分けることです。非があなたにあるとしても、気まずくなったり、罪悪感を持たせたりする相手とは、いつか破綻します。手放せば新しいご縁があることをお忘れなく! 住んでいる世界、環境が違う相手とは、案外うまくやっていけそう。出会いはターミナル駅や空港に。愛の告白は空を見上げて満天の星や花火の力を借りて。

ラッキーポイント……見晴らしのよい場所、イタリアン、オープンな男性、突然の誘い

◇9位/しし座(7月23日~8月22日生まれ)

落ち着きたい気持ちが高まって結婚を焦りそう。でも今動くと「結婚してもらう」ことになってしまい、先々面倒なことになりやすいでしょう。一緒にいる時間を増やしてみる、家族や友人に紹介するなど、形ではなく実質的なつながりにフォーカスしてみて。彼が本当に一生のパートナーになるなら、夏を迎える前にうれしい言葉を聞けるはずです。また不倫など秘密の恋のターゲットになりやすい傾向も。最初は楽しくても、後ろめたさ、出口のなさに悩む結果に。人に言えない関係が進行中の人も急がなくていいので、年内の清算を視野に入れていきましょう。運気がガラリと変わるのは11月。出会い、求婚と年末に向けて盛り上がるはず。

ラッキーポイント……ワンピース、ラブシート、手作りご飯、実家への挨拶

◇10位/やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

2018年は、よくも悪くも自分に意識が向き、恋までエネルギーを回しきれないでしょう。いいムードになっても相手の甘さが気になってキツい言葉や冷たい態度で関係を壊してしまう恐れが! 余裕がない時は、無理に会わない、進めないことが大事です。代わりに恋を特別なご褒美のようにして扱ってみるとよさそう。平日は本業に集中し、週末、甘い一時を過ごすなどメリハリをつけて。長期休暇を恋人とのバカンスに充てるのもいい考えです。ずっと一緒にいたり、少しずつ愛を育んだりするのではなく、特別感でつながっていくと案外うまくいくでしょう。新しい出会いは友人や同僚のフィールドに。紹介も有望。本命にはグループを隠れみのにして接近を。

ラッキーポイント……映画デート、同い年、中間地点の待ち合わせ、同居

◇11位/ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

理想が高くなって妥協ができなくなりそう。お互いに気になる存在になれても、恋を育む余裕がなく煮えきらないみたい。ピンと来なくても種まきだけはしておきましょう。バレンタインに義理チョコを配る、誕生日やお祝いで軽くごちそうするなど、あなたが先に動いて貸しを作ると、お返しという口実で相手が熱心に動いてくれます。ゆるく付き合ううちに、いいところが見えてきて自然にカップルになることも。紹介や婚活は、紹介者次第。面倒見のいい人、あるいはプロに頼むと成果がありそう。恋が進行中の人は、あなたの浮気にご用心。遊園地や動物園など童心に戻れるデートは関係改善効果が。一線を越えるなら4月に。

ラッキーポイント……定例デート、時間厳守、思い出話、人生相談

◇12位/みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

恋愛意欲は急下降。面倒くさい、考えたくない、極論を言えばいらないかも……という心境になってしまいそう。アンテナを収納してしまっているため、異性からアプローチされてもピンと来ないままスルーしてしまうことに。いつもよりも感度が鈍く分かっていないかもしれないという危機感を持って、異性と向き合ってみると、案外楽しい関係が作れるでしょう。波長は合うけれど友情や同志愛にシフトしやすいのです。また交際中の人は、パートナーに男を感じなくなる恐れも。意識してスキンシップを増やしてセックスレスを防いで。共通の趣味、旅行は恋を活性化します。アクシデントに恋の予感。同じ境遇になった相手と意気投合しそう。

ラッキーポイント……年齢差ラブ、個室での会話、相手の親との交流、イニシャルH

おすすめアプリ atapp.jp