【出川哲朗用】怖すぎ!4.8メートルの巨大ワニの目の前で「透明ケース」に入れられるツアー1万4千円が話題に

15
さて、人間が生きていくのに必要なものは何でしょう。それはもちろん「衣」「食」「住」です。その中で生命体が共通して必要不可欠なものは「食」です。どんな生物も体内で光合成などが出来るようなエネルギー製造機能が備わっていない限り、何かを食べます。という事でこちらは巨大なワニの前で食事を見れるツアーです。

ーワニの目の前で・・・

41
こちらはオーストラリアのグレートバリアリーフにあるとんでもないツアーです。彼女らが笑顔で入っているのはなんと「透明ケース」。この中に入りその後、とんでもないツアーに誘われるというわけです。もちろん彼女らは、それを喜んで申し込んでいるので別に何かをした「罰ゲーム」というわけではありません。そんな笑顔が消えるとは知らずに・・・

その後このケースは・・・

14
水に沈められ・・・そして近づいてくるこの黒い奴
33
そう!巨大なワニです!
4.8メートルもあるというとんでもないサイズです。当然、ワニはこの透明なケースが、ケースであるとは気づかないのかもしれません。単純にエサが浮いていると認識するのかもしれません。

そう思うと、理論上ワニにとって目の前に生きのいい肉があるとしか見えないわけです。

34

05
ワニを間近でみて、ゴツゴツした皮膚も確認できます。
もちろん、安全性は万全ではあるかと思いますが、このクリアケースも耐久性というものもあるので、何回に一回は破損したり、色々なトラブルが有るのかもしれませんね。

そんなスリルを感じながら体感できるのは楽しみではありますが
このアトラクション、30分楽しむのになんと1万4千円かかります。

これを高いと見るか、安いと見るかはアナタ次第。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4863264/Tourists-swim-16-FOOT-saltwater-crocodiles.html