【感動!】人生最後に食べたいと言った物は?その物語に全米が涙!

candle-2631921_640
人生最後の日に食べたいものは?
よくある質問だが、実際にその日になったら何を食べたいだろうか?人気店の高級メニュー?母親の手料理?いつか食べた思い出の食事?それともお気に入りのレストランの馴染みのメニュー?アメリカに住むある女性が人生最後に食べたいと願ったものは?そして、その彼女の物語に全米が涙した!

―死ぬまでに食べたい物、それはモカミルクシェイク

エミリーはワシントンDC近くのホスピスに入院していた。彼女はすい臓癌だった。人生最後の日が間近に迫っていると知っていた彼女。彼女はワシントンDC近くのホスピスに入院していたが、出身はオハイオ州クリーブランドハイツ。

同じくクリーブランドハイツ出身で彼女の友人であったサムは、お見舞いに行った時にエミリーに何か欲しい物はないか聞いた。

すると彼女は笑顔で言った。

「もしも願いが叶うなら、もう一度トミーズのモカミルクシェイクが飲みたいわ」

アメリカ人にとってシェイクというと、小さいころから慣れ親しんだ思い出の味。バーガーショップには必ずシェイクがあり、好きな人はフライドポテトを付けながら食べたりする。

アメリカの有名チェーンファストフード店の「ソニック」などは、シェイクだけで何十種類ものフレーバーがあるくらいだ。

また、ダイナー(ファミリーレストランのような場所)にもシェイクは必ずあり、地元のダイナーにはそこだけの特別な味がある。

エミリーにとってもシェイクは思い出の味。しかも地元、クリーブランドハイツのダイナー、「トミーズ」のシェイクは彼女にとって特別なシェイクだった。

ただ、ここはクリーブランドハイツからは遠く離れた場所。もちろん、その願いが叶うなどとは思っていなかった。

サムは最初、トミーズのお問合せ窓口のEメールにエミリーの事を書いて送った。数日後、なんと、オーナーのトミー自身から電話がきた。

トミーは「なんとか方法を考えよう」と言ってくれたのだ。ただ、今までそんな注文を受けたことは一度もなかったトミー。「本当にできるかどうかは正直わかりませんでした」と後にトミーは言った。

モカミルクシェイクはドライアイスを詰めた箱に入れられ、123ドル(約1万3千円)の特急便で600キロメートル先のエミリーへ届けられた。
_97171574_capasdf3ture
エミリーの願いは彼女が亡くなる1か月前に叶えられた。

大好きなミルクシェイクを嬉しそうに飲んだエミリーは7月28日に50歳でこの世を去った。

―海外の反応

 

・ この話、すごくハッピーだけど同時にすごく悲しい。
・ クリーブラントへ行ったらトミーズのミルクシェイク飲みたい!
・ 俺にも送ってくれ。
・ イイ話!でもドライアイスでちゃんとミルクシェイクが溶けないで届けられたんだろうか…?
・ ただただ、悲しい話。
・ 私も昔クリーブランドに住んでいたから、トミーズが懐かしい。
・ 彼女の最後の願いが叶えられて本当に良かった!
・ 願いを叶えてくれたトミーズ最高!まだこんなに良い人達が世の中にいるということが嬉しい。
・ トミーズはいい店。オーナーも最高。
・ エミリーがとても50歳に見えない。30代に見える。
・ エミリーの笑顔が素敵。病気とは思えない。
掲載元
https://www.reddit.com/r/UpliftingNews/comments/6r99k9/milkshake_shipped_across_us_to_grant_dying_womans/

おすすめアプリ atapp.jp